My Room

watashi no heya

うちゅうのかがやき〜えん〜

つよしくんとりょーたくんとしょーたくんと、あたらしいおともだちのこーたくんのすむ星にはちいさなおともだちがたくさんいます。
ちいさなみんなのあこがれは、うたと踊りのとってもじょうずなちょっとだけ大きなおにいさんのよにんぐみ。

 

そんなよしくんと、めめくんもよにんにあこがれているふたりです。
めめくんよりすこしだけおにいさんなよしくんは、めめくんよりいつもすこしだけ先をあるきます。
いつもまわりを笑顔にするよしくんだけど、ぼくがめめくんを守るんだって、そんなことをちゃいろのお目目で思いながら。
めめくんはそんなよしくんのことが大好き。
すこしまえはよしくんについていくのでせいいっぱいだったけど、ちょっとずつ大きくなって、今はよしくんより背が大きくなっためめくん。
めめくんもよしくんの力になりたいっておもっているのです。
ふたりはいつもいっしょ。
ふたりで手をとりあいながらきょうも踊りのれんしゅうです。

 

そんなある日、いつものれんしゅうばにいくと、あこがれのおにいさんの、よにんがまっていました。
りょーたくんがいいます、
「くじびきしたらさー、ふたりとやるって未来がみえたんだー!

だから、きょうからふたりはぼくたちと一緒だからなっ!」
びっくりして言葉もでないふたり。
するとおにいさんたちが、ふたりに手をのばばします。
「一緒におおきな夢をみよう!!」
すこしはにかみながら、

ふたりはおにいさんたちのすこし大きな手にじぶんたちの小さな手をのばします。

 

ろくにんで、てをつなぐと、まーるいおおきなえんになりました。
そのえんの真ん中に大きな夢をのせて、

ろくにんはかがやく大きな未来に向かいます。