My Room

watashi no heya

うちゅうのかがやき〜ふね〜

いちばんおにいさんのつよしくんは、
おしゃべりがちょっぴりニガテでした。
いつも大きなはっぴょうかいであいさつするときは、

りょーたくんやしょーたくんの背中にピョコっとかくれてしまっていました。
ある日からつよしくんはすこーし、かわったのです。
「ぼくがいちばんおにいさんなんだからおしゃべりを頑張るんだ!」
するとどうでしょう?
つよしくんがはなしだすとみんながニコニコの笑顔をむけてくれるのです。
「ぼくにもこんなちからがあるんだー!」ってつよしくんもニコニコ笑顔になりました。

 

にばんめのおにいさんのりょーたくんは、いつもとっーてもすなおで泣き虫。
大きなはっぴょうかいのまえには、つよしくんとしょーたくんをはなしません。
「あしただいじょうぶかな?ぼく、ねむれないよー!!」
つよしくんとしょーたくんはしっているのです。
りょーたくんがひとたびかがやきだせば満天のお星さまのようになることを。
「りょーたくんなら、だいじょうぶだよ!」
そんなりょーたくんは、ある日からすこしつよくなりました。
「ぼくが泣き言いってちゃいけないんだ!」
はっぴょうかいのまえにあんなにビービー泣いていたりょーたくんはもういません。
「みんなだいじょうぶー?」

りょーたくんがそういうと、みんなはりょーたくんの笑顔をみて安心して笑えるようになりました。

 

しっかりもののしょーたくんは、
つよしくんとりょーたくんとずっといっしょにいたからこそ、ふたりの頑張りに気付きました。

そっと、ふたりが無理しないように、

時にはおどけてみたり、

時にはふたりのにもつもせおってあげます。

「ぼくが、ふたりと、こーたくんよしくんめめくんのあいだを、とりもってあげないとね」

すこし、いたずらな笑顔でほほえみながら。

 

ろくにんはみんなの夢を叶えるため、お月様にいく大きな宇宙船をつくります。
オオカミがきてもがんじょうで、
だいこうずいがおきてもこわれない、
ろくにんがバラバラになる事のないような大きな大きなお船です。

 

いちばんおさないめめくんは、大きな夢をのせた船出にちょっぴり心配。
そんな時、つよしくんがおしゃべりしてくれました。
りょーたくんがニコニコ笑顔をむけてくれました。
しょーたくんとこーたくんは優しくとなりでほほえんでくれました。
よしくんはめめくんの手をひいてくれました。
「このごにんとなら、だいじょうぶだ!」
めめくんは前に進むおおきないっぽをふみだしました。

 

ろくにんの大きな夢ははじまったばかり。
月はいつごろ見えるのかな?
すこしずつ、まーるく大きな夢をみはじめたろくにんだから、ちょっぴり時間はかかるかもしれないけど、

このろくにんでならきっとたどりつけるはず。

 

 

 

 

「どうしよう!!だいじょうぶかな?」

りょーたくんがあわてます。

するとめめくんが、

「りょーたくん、ぼくたちならだいじょうぶだよ!」

そう言って笑います。

おっと、これはまた別のおはなし。

 

 

ろくにんの夢は、はじまったばかり。

 

 

うちゅうのかがやき〜えん〜

つよしくんとりょーたくんとしょーたくんと、あたらしいおともだちのこーたくんのすむ星にはちいさなおともだちがたくさんいます。
ちいさなみんなのあこがれは、うたと踊りのとってもじょうずなちょっとだけ大きなおにいさんのよにんぐみ。

 

そんなよしくんと、めめくんもよにんにあこがれているふたりです。
めめくんよりすこしだけおにいさんなよしくんは、めめくんよりいつもすこしだけ先をあるきます。
いつもまわりを笑顔にするよしくんだけど、ぼくがめめくんを守るんだって、そんなことをちゃいろのお目目で思いながら。
めめくんはそんなよしくんのことが大好き。
すこしまえはよしくんについていくのでせいいっぱいだったけど、ちょっとずつ大きくなって、今はよしくんより背が大きくなっためめくん。
めめくんもよしくんの力になりたいっておもっているのです。
ふたりはいつもいっしょ。
ふたりで手をとりあいながらきょうも踊りのれんしゅうです。

 

そんなある日、いつものれんしゅうばにいくと、あこがれのおにいさんの、よにんがまっていました。
りょーたくんがいいます、
「くじびきしたらさー、ふたりとやるって未来がみえたんだー!

だから、きょうからふたりはぼくたちと一緒だからなっ!」
びっくりして言葉もでないふたり。
するとおにいさんたちが、ふたりに手をのばばします。
「一緒におおきな夢をみよう!!」
すこしはにかみながら、

ふたりはおにいさんたちのすこし大きな手にじぶんたちの小さな手をのばします。

 

ろくにんで、てをつなぐと、まーるいおおきなえんになりました。
そのえんの真ん中に大きな夢をのせて、

ろくにんはかがやく大きな未来に向かいます。

うちゅうのかがやき〜しかく〜

このうちゅうにはたくさんの星があります。
つよしくんとりょーたくんくんとしょーたくんの住む星のすぐちかくのべつの星にこーたくんはいます。
こーたくんも、うたったり、おどったり、みんなを笑顔にすることがだーいすき。
こーたくんにもなかよしなおともだちがいて、いつも踊りのはっぴょうかいのれんしゅうを頑張っています。

 

むかしからいっしょにはっぴょうかいにでていたこーたくんは、さんにんにとってちょっぴりライバルみたい。
でも、こーたくんが優しくてせいぎかんいっぱいでキラキラしてることをさんにんはしっています。
おたがいに、夢をかたりあったりしながら。
頑張ろうね、っていったりしながら。

 

そんなある日、こーたくんの大事なおともだちがとおくの星にいってしまうことになりました。
残ったのはこーたくん、ただひとり。
はっぴょうかいもひとりででることになったのです。
やさしいこーたくんだから、ちょっぴり無理して頑張ってみたけど…。
「みんなでみていた夢を、ひとりで頑張るのはむずかしいなぁ」

さんにんは、そんなこーたくんにきづいていました。
「ぼくたちといっしょに月にいこう!

いっしょに夢をみよう!

こーたくんと、ぼくたちならきっとやれる!」
さんにんはひとつぶんのスペースをあけて、笑顔でこーたくんをよびこみます。

 

こーたくんは目をキラキラさせて元気いっぱいにおへんじします。
「ありがとう、ぼく、まだやれる!」
よにんで手をつなぐと、さんにんでつないだときよりも、大きなしかくになりました。

 

よにんのあたらなおはなしがはじまりました。

うちゅうのかがやき〜さんかく〜

むかーしむかし、とある星につよしくんとりょーたくんとしょーたくんという仲良しさんにんぐみがいました。
さんにんはいつもいっしょ。
星でもゆうめいな踊るのがだいすきなさんにんです。

 

つよしくんはいちばんおにいさん。
すこし、おしゃべりがニガテ。
でも大事なことはわかっている、そんなおにいさん。

 

りょーたくんはにばんめのおにいさん。
いつでも元気いっぱい!でもちょっぴり泣き虫な、さんにんの中でもいちばんすなおな、おにいさん。

 

いちばんすえっこなしょーたくんは、じつはしっかりもの。
でも、ふたりのおにいさんがいるから頑張れるのです。

 

さんにんはキレイなさんかくのようにお手手をつないで、いつかお月様にいってでうたって踊ることが夢なのです。

 

さんにんだけの、ぜいたくなひとときはつかのま。
踊ることでちょっとずつ有名になったりょーたくんは、ちがう星で踊りのはっぴょうかいによばれたのです。
つよしくんとしょーたくんは「ぼくたちがこの星をまもるよ!だから、りょーたくんはいっておいで!」とりょーたくんの背中をちからいっぱいおします。
いっしゅんのスペースのあと、りょーたくんはキッ!と唇をむすんで、
「ぼくがんばる!きっとまってて!おっきくなって、ぜったいにもどってくるから!」
意思のある、でも、少しにじんだ大きな声でいいました。

 

ちがう星のはっぴょうかいでも、元気いっぱいなりょーたくんくんの良さはまたたくまにひろがります。
りょーたくんにはいっぱい、いっぱい、ちがう星のおともだちができました。 

 

つよしくんとしょーたくんもふたりのできることをせいいっぱいがんばります。
りょーたくんがかえってくるための、ひとつぶんの、小さなスペースをあけながら。

 

どのくらいたったのでしょうか、
りょーたくんと、つよしくんしょーたくんはそれぞれのできることを頑張ってきました。
みんなに、よくがんばったね、っていわれるくらいにそれはそれは頑張ったのです。
そしたら、ポツリとりょーたくんがいいました。
「つよしくんとしょーたくんのところに戻りたいなぁ」

 

りょーたくんの願いはかないました。
また、つよしくんと、りょーたくんくんと、しょーたくんのさんにんではっぴょうかいに立てることになったのです。
さんにんは、さんにんでできる喜びをかみしめたり、ばくはつさせたり、ちょっぴりはにかんだり。
それぞれ桜のように可憐な満開のえがおで。
またさんにんだけの、とっても楽しい、ぜいたくなひとときのはじまりです。

Happy *SAKU* Birthday

常に誰よりも速く、誰よりも大きく踊る佐久間は、速度や幅がいちいち3割増なイメージなのだが、ファンに手を振る回数に至っては5割増レベル。
(DanceSQUARE Vol.5号「タッキー&翼 Two Tops Treasure ライブレポ」)

天然発言注意報発令!?愛すべきおバカちゃん自他ともに認める“おバカ”キャラ。突如繰り出す天然のおバカ発言で、「シーン…」とした間を作らせたら天才的(笑)!?とにかく明るく賑やかで、常にメンバーやスタッフに話しかけて楽しそうに談笑。Snow Manの集合写真がお気に入りのようで、自分のスマホで撮影してご満悦だった。
(週刊TVガイド 4/10号「ジャニーズJr.名鑑」)

この日圧倒的に元気だった佐久間が、メンバーにとっても編集部にとっても癒やしのムードメーカー。写真を確認すると、いろいろなところに“佐久間ピース”*1が写っていました(笑)
(月刊TVファン6月号「気になるジャニーズJr.」)

これらは佐久間くんが雑誌に載った際、編集部の方が彼を表現した言葉だ。
白くて小さくてフワフワしててチワワみたいな愛嬌を持っていて。
そのくせ踊らせたらその小ささを微塵も感じさせないダイナミックなダンスで見るものを圧倒する多彩な表現力。
でも彼の魅力はそれだけではない。
何と言っても彼の表情だ。
小さな彼の顔に浮かぶ表情は1秒と同じ瞬間はなく、メクルメク変わっていくFantastic World、片時も目を離すことができない。
人はこんなに表情が豊かだったのかと驚かされる。
佐久間大介は沢山のファンを笑顔にするアイドルだ。
今日はそんな佐久間くんの誕生日。
彼の天下一品なダンスや表情についても語りたい。
…のだがこちらの表現力が乏しいためそれはまたの機会にさせて頂いて(笑)、今回は勝手ながら彼の雑誌などのエピソードから5つのキーワードで彼を紹介してみたいと思う*2

佐久間 大介(1992年7月5日生まれ)
ジャニーズJr.内6人組ユニットSnow Manのメンバーであり、活動は多岐に渡る。
近年の作品は滝沢歌舞伎やDREAM BOYS、A.B.C座などがあり、タッキー&翼Kis-My-Ft2A.B.C-Zなどの先輩のツアーバックとして付くこともある。


エピソード①:おバカな愛されキャラ

渡辺:ジャニーズ・ワールド」のとき、佐久間と紫耀が隣の楽屋でしゃべってて、
「カニかまって本物のカニじゃないの?」って言い合ってる声が聞こえてきたときに、こいつらアホだなと思った(笑)
(POTATO4月号「平野笑劇場」)

萩谷*3:Snow Manの佐久間くんはめっちゃエネルギッシュな人。いつも「ウケるんだけど~」って笑ってて、そばにいるだけでなんだか元気になる。このあいだ舞台の楽屋で、塚田くんがみんなにカニカマを配ってて。向かいの部屋から「このカニカマ、全然解凍できねぇんだわ」って声が聞こえてきたから、気になって行ってみたら…。佐久間くんと平野が冷凍のカニカマにドライヤーあてて必死に解凍しようとしてた!(笑)
(POTATO3月号「ENERGY」)

佐久間:最近、平野*4と仲がいいんだ。気が合うというか、似た者同士というか。「ジャニーズ・ワールド」の公演中、差し入れで“カニかま”をもらったから食べてたんだけど、紫耀が「カニかまって、カニじゃないんですよね。こないだ知りました」って言い出したわけ。オレもその瞬間まで、カニで作られてるかまぼこだと思ってたから、ビックリ!ふたりで「信じられないね。でも、おいしいからいいか!」って話してた(笑)
(Duet3月号「Jr.BANG HYPER」)

これらはJOHNNYS' WORLDの楽屋で繰り広げられた「カニかま」に関してのエピソードであり、私はこの一連の事件をカニカマ事件と呼んでいる。
一緒に平野くんを道ずれにしたことをお許しいただきたい。
出るわ出るわのカニかまエピソード。
2人してカニかまはカニで出来ていないと知らなかったという…なんという強烈おバカちゃんエピソード。
人はいつ、カニかまはカニで出来てないないと知るのだろう…?そんなところまで考えるという、時間の無駄使いもしてしまった。
隣の楽屋にいた同じSnowManのメンバー渡辺くん、向かいの楽屋の萩谷くん…近くの楽屋とはいえ、カニかまの話をどれだけ大きな声で話していたのだろう。
実は舞台に出演していたメンバーの中で
「佐久間と平野はカニかまがカニで出来ていると知らなかったんだって」
「あーやっぱり」
「ねぇねぇ、知ってる?佐久間と平野ってさ…(略)」
なんて噂になっていたのではないだろうか。

佐久間:野菜が好きなんです!LTB。レーコン…あれ!?BLTだ!
ベーコン、レタス、そしてタマゴでしたっけ?まぁ、野菜たっぷりがいいな。
(ポポロ5月号「好きなサンドイッチ」)

途中でLTBかBLTか、そんなことは置いといてまぁ野菜たっぷりであれば良くなってしまった大胆さ。
ベーコンも卵も野菜ではないが彼にとっては…まぁいいのか。

佐久間:どーも~!Snow Manの佐久間大介でぇ~す!えーっと、22才です。趣味は、アニメを見ることです。
アニメオタクです。えっと、んースポーツはニガテです。でも体動か…(終了!)
(Myojo4月号「Now!Know!Snow Man!」)

15秒自己PRで「えっと」「んー」を多用して、制限時間がきてしまう。
ちなみに他のメンバー15秒でうまくまとめていた。

渡辺:佐久間は、バカ最強。
佐久間:ほめられてる?
阿部:ほめられてるよ。
深澤:“おバカ”って部類はたくさんいるけど、その中でも最強。佐久間の“久”が漢字で書けない。
滝沢:だからなるべくしゃべらせない、バレないように僕らが守ってあげないと。
(ポポロ5月号「滝沢秀明 Snow Man Special Talk」)

自分の苗字が漢字が書けない佐久間くん。
世間におバカがバレないよう先輩に守られる佐久間くん。

佐久間:阿部ちゃんや真田と草津に行こうって話してる。言い出したのはオレ。
でも、草津がどこなのかよくわからないから計画は真田に任せる。そうすれば実現するはず(笑)
(POTATO3月号「Snow Man every day 佐久間近況」)

東京都出身だが、近隣の県・群馬にあるとは知らなかったらしい。

岩本:これだけ長くいっしょにいるんだから、佐久間がたまにカラ元気でがんばってるときがあるの、オレらはわかるからな?
渡辺:ほかの人が誰もわからなくてもね。
佐久間:そんな気はしてた…(笑)やっぱスゲーな、メンバーって!
(Duet4月号「メンバーも知らないSnow Manのヒミツ」)

とても美談であるのだが、また別の雑誌でとあるものを目にしてしまった。

佐久間:「カラ元気」っていい意味じゃないんですね。最近知りました(笑)
(TVG+ Vol.18号「か・ぶ・きのあいうえお作文」)

恐らくDuet*5の対談の際に発覚したのだろう。
Duetは紙面で取り上げることなく美談として締めくくられているが、別の雑誌*6で自ら「カラ元気」を知らなかったと発言してしまう。
Duetさんの努力はどこへやら。

余談だが、最近の趣味は数々の天然エピソードを持つ平野くんをイジることだそう。

佐久間:この前『声かすれてるぞ』ってふざけて言ったら、『生まれたてです!』だって(笑)
“生まれつき”って意味だったんだろうね。本当おもしろいし、かわいいんだよな~
(Myojo4月号「Now!Know!Snow Man!」)

お互い様なのでは…と思わずにはいられないが、かわいいコンビだ。

思ったことは考えるよりも先に口が動いてしまう。
いつもハッピーでピースフルで、ちょっぴりおバカさん。
でも愛嬌がたっぷりやみつきになるかわいさだ。


エピソード②:アニメが好き

佐久間:「四月は君の嘘*7っていうアニメにハマっててさ。“聖地巡礼”をしてきたよ。
急きょ行くことにしたから1時間しかいられなかったけど、めっちゃ癒されたよ♡
(Duet6月号「うららかSpringNews」)

川島*8:塚ちゃんと遊んだこと!この前『明日、お好み焼きパーティーをするんだけど来る?』と誘って頂けて。それで遊びに行ったら宮田くんと佐久間くんも来ていたんだ。けど『お好み焼きを作るのって、時間かかるよね~』って話になって、結局Lサイズのピザ2枚頼んで、ピザパーティーに変更された(笑)みなさんとはこの日初めて、いっしょに遊びました。映画のことアニメのことをいろいろ話せて楽しかったなぁ
(Duet5月号「川島如恵留」)

宮田*9:佐久間がいいっ。佐久間だったらオレがず~っとアニメを見ていても、理解してくれるだろうし、「いっしょにアニメグッズ見に行こうぜ」っておでかけもできるからいいと思う
(Duet4月号「d-SEARCH:ジャニーズのメンバーでいっしょに住んでみたいのは?」)

趣味は?「アニメ」
(POTATO5月号「脳内Jr.」)

アニメ界でとても有名な「ラブライブ」。
佐久間くんは矢澤にこちゃん推しのラブライバーなのである。
ちなみに同じくラブライバーKis-My-Ft2の宮田くんは園田海未うみちゃん推し。
残念ながらラブライブ直結する話は紙面で見つけられなかったが、『趣味は?「アニメ」』。
わかりやすくド直球である。

佐久間:照、こう見えて意外とアニメ好きだよね!ね、ね?
阿部:いや、佐久間といっしょにしちゃダメ。照の気持ち考えて。
佐久間:え~~~~~。
(Duet4月号「メンバーも知らないSnow Manのヒミツ」)

またアニメ好きが高じてか、時としてメンバーもアニメ好きに引き込もうとする時もあるようだ。


エピソード③:甘いものが好き

・おいしそうなケーキを買って、ひとりでよくリハーサルの合間に食べていた(増田*10 )
・よくケーキ買って食べてるから(岩本)
・ザ・甘党だから(阿部亮平)
・フルーツばっかり食べてる(深澤)
・甘いものさえあれば生きていける(佐久間)
・いつもケーキ食べてる(渡辺)
(POTATO4月号「Jr.が選ぶJr.ランキング Qスイーツ男子なのは?」)

甘いものに目がないご様子。

「大好きなフルーツタルトをほぼワンホール食べた佐久間くん。
クリスマスのデートプランがなかなか思い浮かばず、最後まで悩みながらも一生懸命考えてくれました。」
(女性セブン12/25号「Snow Manのクリスマスデートプラン」)

こちらの「フルーツタルト」とは某有名タルト屋のフルーツタルトのことなのだが、サイズ展開が以下の4パターンと公式HPに記載がある。

・15cm(2~3名様用)
・17cm(3~4名様用)
・21cm(6~8名様用)
・25cm(10~12名様用)

紙面の写真の具合から21cmサイズだと推測すると…22歳男性がひとりでほぼワンホー…。
甘いもの好きであのスリムな体型は女子の敵ではあるが、ニコニコ幸せそうにケーキを食べる彼はなんともかわいらしい。


エピソード④:熱いハート

佐久間:オレ、去年の公演で、忘れられない出来事があるんです。自分のマイクがトラブルを起こして声を拾わなくなっちゃって。でも、そのまま芝居を続けたんですね。そしたら終演後、滝沢くんに「なんで(地声を張る大きな芝居に)変えなかったの?」って聞かれて。「すぐ対応できなくて…」って答えたら、「これはオマエの負けだから」って言われたんです。そんときの自分が情けなくて、いまでもくやしくて…。
(Duet5月号「Tacky&Snow Manクロストーク」)

滝沢くんとの対談の中でこう語る佐久間くん。その巻末にはこう記されていた。

昨年の舞台での失敗を語りだした佐久間が、そのくやしさを思い出したのか、ウルウルしちゃう…なんてことも。
(Duet5月号「100PIECEsSELECTION」)

とても熱くて素直で純粋な佐久間くんをうかがい知ることができた。


エピソード⑤:Snow Manのメンバー

渡辺:(イケメンは)佐久間かな。ギャップが一番はっきりしてるし。だって普段はこんなにバカなのに、踊ったら急にバカじゃなくなるでしょ。
深澤:芝居してるときもね。
佐久間:わーい。ほめられた!
渡辺:ね、普段はこんなんなのに。
(POTATO4月号「Snow Manイチのイケメンはだれだ!?」

深澤:佐久間はたまにウザいけど、元気がないときに盛り上がってくれてると助かる。毎日元気、逆に風邪ひいてほしいくらい(笑)でもバカだけど意外とわかってるから、頼りになります。ただ佐久間はスポーツドリンクばっかり飲まない方がいいよ。コイツ、水もお茶も飲まない。「水は味がない、お茶は苦い」って。
(月刊TVfan3月号「NextStars Johnnys' Jr.」)

宮舘:佐久間はいい意味で周りを見てないんだけど、彼なりに気を遣ってて、それが空回りしたり(笑)佐久間の明るさや能天気さを僕も持っていれば視野が広がりそう!
(月刊TVガイド3月号「ジャニーズJr.名鑑2015 宮舘→佐久間」)

岩本:佐久間は元気の塊!
(月刊TVガイド3月号「ジャニーズJr.名鑑2015 岩本→佐久間」)

阿部:真逆の性格なのに、ここまで仲良くなれる人っていない。不思議なヤツです。
(月刊TVガイド3月号「ジャニーズJr.名鑑2015 阿部→佐久間」)

彼はメンバーが大好きだ。
メンバーとの対談の中でおバカキャラをいじられることも多々あるが、彼が彼でいる事がメンバーの糧になるのだ。



Snow Manになって3年目。
よりメンバー同士の絆が強くなっているように感じられる。
見たい景色は6人で1つ。

佐久間:簡潔に言うと、デビューしたいですよね。
深澤:ソロデビューですか?
岩本:頑張ってください(笑)
佐久間:オマエら~!一人じゃないぞ~!6人一緒だぞ~!
(月刊TVfan3月号「NextStars Johnnys' Jr.」)

この言葉を信じてどこまでもついていきたい。




最後にメンバー愛が感じられるエピソードでしめたいと思う。

岩本:佐久間のいいところは元気なところだよね。佐久間が疲れてる姿は見たことない。
深澤:オレ、佐久間が「今日ダメだわ。疲れたわ」とか言ってるの聞いたら、きっとショックだわ。
阿部:それこそSnow Manの終わりでしょ。
佐久間:大丈夫!オレ、何やってても楽しいから。過去を振り返っても、楽しい思い出しかないもん。失敗したこととか覚えてない。
深澤:ダメだ、それ。成長しないタイプだ。
宮舘:Snow Manが終わりを迎えるよりはいいじゃん(笑)
佐久間:いえ~い♪
(Duet4月号「メンバーも知らないSnow Manのヒミツ」)


f:id:x0willy0x:20150704213825j:plain

*1:親指、人差し指、中指をたたみ、薬指と小指でピースを作る佐久間くん独特のピース

*2:思い立ったのが3日前のため全部は遡れず、手元にあった資料だけになりました…

*3:ジャジーズJr.の萩谷慧悟くん

*4:ジャニーズJr.の平野紫耀くん

*5:ホーム社

*6:東京ニュース通信社

*7:2014年10月~2015年3月までフジテレビ系で放映されたアニメ

*8:ジャニーズJr. TRAVIS JAPANのメンバー川島如恵留くん

*9:Kis-My-Ft2宮田俊哉くん

*10:ジャニーズJr.の増田良くん。おいしそうなケーキ」と発言していることから実は増田くんも食べたかったのでは…?